カテゴリー別アーカイブ: 木の小物

メモトレイ

端材として残ったウォールナット突板を利用してA6サイズのメモトレイを計画しています。
何とかボールペンを一本、挿して置けるようにと思っています。
単に穴を開けるだけでは納まりが悪く何ともスッキリしません。
トレイの厚みと穴の形状を見直すことで思ったような状態に持っていけそうな気がしています。
つまり、やり直しということです。

振り子時計

以前より製作しよう思っていた振り子時計が完成しました。
12ミリ前後の薄板を文字盤に使って形にしようと色々考えたのですが、振り子があることでいろんな制約が出てきて結構時間がかかりました。

時計針

img_0985
時計針をシタン、黒檀、カリンなどいろいろな樹種で作ってます。
長針と短針の長さや太さのバランスが意外と難しく少々苦戦しています。
あまり重くても良くないでしょうし、実際に付けて時差がないか確認中です。

漆器のにおい

自身で器を製作し、拭き漆で仕上げる、
完成後いつも気になるのはその器のにおいです。
漆を固めるムロから出してしばらく放置しておくとにおいは少しはしなくなりますが、
熱いものを入れると独特のにおいが出てきます。
内部まで完全に乾いていないことが理由だと思われます。

最近、塗り終えた汁椀で実験してみました。
汁椀に沸騰したお湯を一杯まで入れ、冷めるまで放置します。
そうするとやはりにおいは出てきます。
(注意:いろいろな漆器のサイトには沸騰したてのお湯を入れると表面が白くなる場合があると書かれていますので、少し時間を置いてから入れてください。)

それを日を改めて3回やったところにおいは少しずつしなくなってはいます。
(全くにおわないわけではありません。)
また、一番右端の汁椀だけ1回目と2回目の間に実際に味噌汁を入れて使用し、お湯を入れてみたところ漆の匂いというより出汁のような匂いがしました。

今ではすでに毎日の食事に使っていますが、においのクレームは家族からも出てはいません。
日々使っていくことが一番の解決方法なんだと自己解決した次第です。

IMG_0925

汁椀

個人的な話ですが、汁椀を買い替えることになりまして、
既製品を買うのもどうかなーと思案した結果、
木地はいつも漆を購入するところで調達、内外6〜7回ほど漆を塗って仕上げました。
実際に使用するにはもう少し寝かせてからとなります。

IMG_0786 (1)

DSCF1103

小箱

小箱が出来上がりました。

板幅は約20センチ、5枚接ぎで作っています。
IMG_0857

地板は当初ウォールナットの薄板を接着するか、突板にするか悩んだのですが、、、
IMG_0816
端材をかき集めて作っています。

出来上がりの写真はこちら。高さは9センチと20センチの二種類です。
IMG_0853 IMG_0856

いろんな端材で作ったものといえば自宅の郵便受けを約20年ぶりに新しくしました。
IMG_0484

ナラの小箱

オーダー製作です。
小箱と言ってもサイズは204ミリ×204ミリ×高さ155ミリ、組み立ててみると結構大きいなーというのが率直な感想です。
IMG_0400
IMG_0416

トレイ

 DSCF0828DSCF0841

サイズは約310ミリ×210ミリ×18ミリ
ナラ一枚板、ナラ+ケヤキ+ウォールナットなど色々といろんな組み合わせで製作しました。

詳細は《サラスタイル iichi店》でご覧いただけます。

また、時間が経っていますが円卓の完成写真はこちらです。

IMG_1618 IMG_1616

木工小物

IMG_1579

1月頃から準備していたトレイがほぼ出来上がりました。
ナラ材での接着なしのタイプとケヤキ、ウォールナットを間に挟んだタイプの2種類。
もうすぐ完成です。

カッティングボードなどのギフトラッピング用のタグ?作りました。
IMG_1578IMG_1588