天板

shapeimage_6

本日はチェストの天板の仕上げとブックケースの 組み立てを行いました。ところで、矧ぎ合わせでは開業当時随分と失敗した覚えがあります。接着層が切れてきたり、そこまでいかなくとも僅かですが目違いが それも短期間で出たりしました。含水率かもしれないと除湿器を買ったり、強力な接着剤に変えたりしましたが、矧ぎ合わせる材の年輪の間隔が同じ様なものを 選んだり、その角度などにも十分気をつけなければならないようです。そういったことを考慮しつつ、自然な木目になるよう組み合わせていくには結構頭を悩ま せるところです。